SAP 移行 を徹底比較!! おすすめの移行方式と移行ツール3選(vol.20)

2021.3.23

SAP ERP Central Component 6.0(以下、ECC6.0)の保守期限が終了する2027年まであと数年。
SAP ERPユーザーはSAP S/4HANAへの移行を迫られています。
一口に「SAP移行」と言っても、どのような移行方式があるのでしょうか?
また、SAP移行サービスにはどのようなものがあるのでしょうか?

本ブログでは、SAP移行方式とSAP移行ベンダーを徹底比較し、詳しく解説していきます。 

SAPの移行方式には3種類ある

SAP ECC6.0のサポート期限が2025年から2027年に延長されましたが、検証や評価に要する時間を考えると、残された時間は多くありません。(一般的にSAP2025年問題、SAP2027年問題と言う)
SAP ERPユーザーは、SAP S/4HANAへの移行(以下、SAP移行)検討が必要となります。
「SAPの移行って、システムのバージョンアップやアップグレードをすればいいの?」
「SAP S/4HANAってクラウドがいいの?オンプレミス利用はどうなの?」
と、SAP移行に対する様々な疑問を感じているSAP ERPユーザーは少なくないはずです。
SAPによると、SAP移行方式は3種類あります。その違いを、SAP S/4HANAの主な新機能と共にご紹介します。

SAP S/4HANAの主な新機能

  • Fiori(WebGUI)による見易さ、AI自動消し込み機能の搭載、モバイルから業務オペレーションができるようになるなど、新機能が強化されている。

※もちろん、SAP S/4HANAはクラウドもオンプレミスも選ぶことができる。

SAP S/4HANAへの移行方式
(1)コンバージョン
 →現在使っているSAP ERP(ECC6.0)の設定、アドオン、データをそのまま移行する方式のこと
 ※ブラウンフィールドとも呼ばれる(整地されているフィールド=リスクが低い)

(2)リビルド
 →現行のシステムにとらわれず、ゼロベースから業務プロセスを見直し、新しいシステムとして再設計、再構築する方式のこと
 ※グリーンフィールドとも呼ばれる(整地されていないフィールド=リスクが高い)

(3)セレクティブ
 →特定のデータだけを選択したり、複数のインスタンスを統合したりしながら移行する方式のこと
 ※ブルーフィールドとも呼ばれる

SAP移行だけでも、このように(1)コンバージョン=「現状のまま移行」、(2)リビルド=「作り直し」、(3)セレクティブ=「選択的に移行」の3つの移行方式があります。

今回はコンバージョンを行う移行方式についてご紹介したいと思います。
SAP S/4HANAへの移行を迷っているSAP ERPユーザーは、まず(1)コンバージョンによる移行方式を検討されてみてはいかがでしょうか?
理由はSAP移行の中でも一番コストが安く、移行リスクも低いからです。業務プロセスを大きく変えず、今までどおりのSAPの使い方で移行ができることもメリットです。
それではSAP社にパートナーパッケージソリューション認定されているSAP-Qualified Partner(SAPクオリファイドパートナー)の中から、SAP移行ベンダー3社を徹底比較していきましょう。 

SAP移行ベンダーを徹底比較① (株)電通国際情報サービス(ISID)SAP S/4HANA移行トータル支援サービス

SAP S/4HANAへの移行を迷っているSAP ERPユーザー向けに、意思決定するための3つのサービスを、ISIDは用意しています。

<特長>
1. ITロードマップ策定支援サービス
適切な投資計画や方針決定を支援します。アセスメントサービスで影響範囲を調査するケースを想定し、クラウドサービス「Panaya(パナヤ)」を活用して方針策定を行います。

2. SAP S/4HANAアセスメントサービス
クラウドサービス「Panaya(パナヤ)」を使用し、48時間でSAP S/4HANA移行の影響を分析。アドオンの棚卸やカバレッジ分析、信頼性の高い移行コストを算出します。
提供されるアセスメントレポートにより、SAP S/4HANA移行に関する正確な意思決定を可能とします。

3. SAP S/4HANAコンバージョンサービス
実際に移行プロジェクトに進んだ場合は、クラウドサービス「Panaya(パナヤ)」の分析結果を踏まえ、確実かつ効率的な移行作業を実行できます。

ISIDはクラウドサービス「Panaya(パナヤ)」を使い、SAP移行のための影響範囲を自動解析。根拠に基づいた見積工数の算出、マンパワーに寄らないスピード感と正確性が、SAP S/4HANA移行トータル支援サービスの特長と言えるでしょう。

<SAP S/4HANA移行クラウドサービス「Panaya(パナヤ)」の主な機能>
・分析オブジェクトの使用/未使用情報
・システム複雑度チャート
・アドオン修正情報
・削除トランザクション情報
・権限/ロール情報
・モディフィケーション情報
・SAP S/4HANA化に伴う標準設定の移行チェック情報
・SAP S/4HANAで有効化される拡張機能
・SAP社提供ECC追加機能のSAP S/4HANA互換情報
・HANA2.0移行アドオン互換分析情報
・推奨単体テスト
・推奨新機能テスト
・周辺システムへの影響情報
・Fiori推奨アプリケーションレポート

SAP S/4HANA移行トータル支援サービス:https://erp.isid.co.jp/solution/sap-s4hana-assessment

SAP移行ベンダーを徹底比較② TIS(株)SAP S/4HANAのりかえサービス

たくさんのSAP ERPのメジャーバージョンアップを支援してきたTISが提供するSAP S/4HANAへの移行サービスです。新世代ERPのSAP S/4HANAへの新機能をキャッチアップし、お客様のDX(デジタルトランスフォーメーション)実現をサポートしていいます。ERPの豊富なプロジェクト成功経験とSAP S/4HANA新機能の知見から、SAP S/4HANAへのテクニカルコンバージョンまで提案をしています。

<特長>
1. SAP S/4HANAアセスメントサービスを、「S/4HANAのりかえサービス」から独立させ提供することが可能です。
2. SAP S/4HANAコンバージョンに「高精度」「高効率」で柔軟に応えます。
3.独自方式により、データやプログラム等の機密性の高い情報を社外に持ち出さずに「セキュア」にアセスメントサービスを提供します。

TISはS/4HANA移行後もワンストップでSAPライセンス保守を提供し、顧客の一緒に業務改善を繰り返していくことできる、SAP S/4HANA移行支サービスと言えるでしょう。

SAP S/4HANAのりかえサービス:https://www.tis.jp/service_solution/s4hananorikae/

SAP移行ベンダーを徹底比較③ コベルコシステム(株) SAP S/4HANAコンバージョンサービス “K4C”

製造業を中心としたSAP ERPの豊富な導入経験を活かし、SAP S/4HANAへのコンバージョンプロジェクト計画策定から本稼働まで支援するサービスです。

<特長>
1. 地に足のついた安心安全なプロジェクト推進
これまで手掛けてきたコンバージョン案件の経験から、安心安全なコンバージョンプロジェクトを推進します。

2. 自社開発ツールを使った移行チェックの効率化
自社開発ツールを活用し、複数のオブジェクトを一括で比較、バージョン一致確認、改修プログラムを開発機から本番機の最終チェックができます。

3. 生産管理モジュールへの対応
生産管理モジュールを導入してきた経験を活かし、生産管理モジュールのコンバージョンに対応します。

4. ダウンタイムの最小化
チューニングなど様々な施策を組み合わせ、ダウンタイムを最小化してお客様の業務への影響を減らします。

コベシスは製造業のビジネスに対しSAP移行実績が多いと言えます。自社開発ツールを使った移行チェックの効率化ができることが、SAP S/4HANAコンバージョンサービス “K4C”の特長と言えるでしょう。 

SAP S/4HANAコンバージョンサービス K4C:https://www.kobelcosys.co.jp/solution_service/detail/k4c/

まとめ

SAP2027年問題に対しSAP S/4HANAの新機能でできることや、SAP S/4HANA移行方式には3種類あることが、SAP ERPユーザーにはご理解いただけたと思います。
また、SAP S/4HANA移行方式の中でも(1)コンバージョンが最もコストが安く、リスクが低いこともわかりました。

SAP S/4HANAへの移行を迷っている企業は、まずアセスメントサービスを受けて、移行判断をしてみてはいかがでしょう?
48時間以内にクラウドサービスでアドオン開発の影響調査や分析をするアセスメントサービスが比較ベンダーの中にありました。
まずはクラウドサービスやツールを持っているSAP移行ベンダーに相談し、正確な移行コストを算出することは重要です。

現状のSAPシステム保守を担当するソリューションベンダーに相談したら、概算見積で「〇億円」「〇〇億円」と言われ、選択肢が他にないため、担当ベンダーの言いなりになってしまう事例があります。
このような事例にならないようにするためには、SAP S/4HANA移行の選択肢を持つことです。

3種類のSAP S/4HANA移行方式のどれが自社にとって最適か?
どの移行ベンダーに任せるのがよいのか? など、
正確な移行費用で安定した移行プロジェクトを目指すために、様々な移行サービスや移行ベンダーを徹底比較してみてはいかがでしょうか。

※本記事は2021年3月11日の情報を基に作成しています。SAP移行サービスに関する詳しいお問い合わせは、各SAP移行ベンダーのサイトからお問い合わせください。