SAP S/4HANA移行に向けた検討ポイントを押さえる
~移行に伴うダウンタイム(切り替え時間)検討の落とし穴~

日程:2022年2月09日(水) 15:00 - 16:20(Web開場 14:45)

SAP S/4HANAへ移行に伴う切り替え時間(ダウンタイム)は必ずしもデータ容量に比例するわけではなく、たとえ2TB程度のデータボリュームでもダウンタイムが6日以上かかってしまうケースは決して珍しいことではございません。

本セミナーを参加することで、SAP ECC6.0からSAP S/4HANA移行を検討する際に生じがちな落とし穴が明らかになり、課題を回避するための具体的な手法について詳細をお持ち帰りいただけます。

本セミナーの見どころ聞きどころ

  1. SAP S/4HANA移行時のダウンタイム(切り替え時間)検討のタスクを整理できます。
  2. 移行を検討する際の勘所やダウンタイムを短縮する手法を把握できます。
  3. クラウド基盤活用のメリットを把握できます。
    クラウドリソース可視化と最適化の具体的な手法をご理解頂けます

お申し込み

セミナーお申込みは以下のボタンをクリックのうえ、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社のWebページからご参加登録ください。

開催情報

セミナータイトル

SAP S/4HANA移行に向けた検討ポイントを押さえる
~移行に伴うダウンタイム(切り替え時間)検討の落とし穴~

セミナー概要

  • SAP S/4HANA移行時に検討しなければならないダウンタイム検討のタスク・勘所と実際にダウンタイムを短縮する手法を解説します。
  • SAP S/4HANA移行時にダウンタイム短縮を実現する「選択データ移行」について解説します。
  • SAP社サポート延長方針の整理と落とし穴、インフラ環境の把握の重要性、クラウド化によるSAPインフラ最適化メリットを解説します。

セミナーの見どころ聞きどころ

  • SAP S/4HANA移行時のダウンタイム(切り替え時間)検討のタスクを整理できます。
  • 移行を検討する際の勘所やダウンタイムを短縮する手法を把握できます。
  • クラウド基盤(IaaS)活用のメリットを把握できます。

次の方におすすめ

  • IT部門/経理部門/経営企画部門の意思決定者(導入を承認する立場:CIO、部長・本部長クラス)
    もしくは意思決定への影響を持つ企画・立案する立場の方(リーダクラス以上)
  • 上記の対象者の中で次期システムを具体的に検討する際に課題となり得るポイントを押さえておきたいと考えている方

日時

  • 2022年2月9日 (水) 15:00 – 16:20(Web開場 14:45)

Web セミナー参加方法

  • 当日の Web セミナー参加方法は、お申込みいただいた方に、メールにてご連絡致します。

定員

  • 50名

共催

  • 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
  • 株式会社電通国際情報サービス

参加費

  • 無料 (事前登録制)

備考

  • プログラム内容や順序については変更になる場合がございます。
  • お申込み多数の場合は、ご参加をお断りさせていただく場合がございます。
  • 主催社の同業他社にお勤めの方のお申し込みはお断りさせていただきます。

上記3点、あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。

講演概要

15:05 - 15:25

SAP S/4HANA移行に伴うダウンタイム検討の勘所とダウンタイム短縮アプローチ

<講演概要>
SAP S/4HANA移行時に検討しなければならないダウンタイム検討のタスク・勘所と実際にダウンタイムを短縮する手法を解説します。

<本セッションの見どころ聞きどころ>

  • SAP S/4HANA移行時のダウンタイム(切り替え時間)検討のタスクを整理できます。
  • 移行を検討する際の勘所やダウンタイムを短縮する手法を把握できます。

<登壇者>
株式会社電通国際情報サービス
エンタープライズIT事業部 EITコンサルティング1部
シニアコンサルタント 清田 憲史

15:25 - 15:45

ダウンタイム短縮に有効な「選択データ移行(Selective Data Transition)」とは?

<講演概要>
SAP S/4HANA移行時にダウンタイム短縮を実現する「選択データ移行」について解説します。

<本セッションの見どころ聞きどころ>

  • 移行に伴うダウンタイムを短縮することができる方法をより具体的に理解いただけます。

<登壇者>
cbs Asia Pacific Pte. Ltd.
Jasmine Li 氏

15:45 - 16:05

SAP S/4HANA移行に向けたインフラ環境把握の重要性と最適化

<講演概要>
改めてSAP社サポート延長方針の整理と落とし穴、インフラ環境の把握の重要性、クラウド化によるSAPインフラ最適化メリットを解説します。

<本セッションの見どころ聞きどころ>

  • SAPエンハンスメントパッケージ(EhP)のEOSL情報の整理に加えて、SAP ERP以外の各種ソフトウェア(OS・DB・EhP)など、SAP ERPシステム全体のサポート期間の把握することができます。
  • SAP ERPのインフラ基盤としてオンプレではなくクラウドが選ばれる理由とクラウド移行の課題と解決策について理解を深めることができます。

<登壇者>
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
エントラステッドクラウド営業本部
大野 一樹 氏

16:05 - 16:20

質疑応答

全体を通じてのQ&Aとご案内

お申し込み

セミナーお申込みは以下のボタンをクリックのうえ、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社のWebページからご参加登録ください。