【再配信】経営と現場がデータでつながる!データ活用型経営戦略ソリューション
~ウイングアーク1st×ISID×ZEALで実現するデータ活用プラットフォーム~

日程:2022年7月22日(金) 10:00~11:30

セミナー概要

SAP連携で発生する、多様なデータの加工・収集を効率的に行うソリューションをご紹介します。
今の業務を変えることなく、高速なデータ収集と分析を実現。現場で利用されている生きたデータの有効活用を推進します。情報鮮度も高く、粒度の細かい自由分析を可能にし、データに基づいた意思決定を支援します。
SAP S/4HANAをご利用中のお客様、そしてSAP ECC6.0をご利用中のお客様も、すべてのSAPユーザー様必見です。

※本セミナーは、2022年2月16日開催の同セミナーの録画配信となります。

日時・開催概要

  • 開催方法:オンライン
  • 開催日時:2022/7/22(金) 10:00~11:30
  • 受講料:無料
  • 視聴方法:
    本セミナーは、「Zoom」を利用したオンラインセミナー形式で開催し、インターネット配信いたします。
    お申し込みいただいた方へ開催日前日17:00までをめどに視聴URLをご案内いたしますので、ご自身のPCもしくはスマートフォン等でご参加ください。
    お客様の環境によっては閲覧できない場合がございます。あらかじめご了承ください。
    お申し込み完了メールや、視聴URLなどの事務局からのご案内は「marke@wingarc.com」より送付しております。
    ご案内のメールが低優先メールフォルダなどに入ってしまうこともありますので、ご確認いただけますようお願いします。

講演概要

10:00~10:05

はじめに

<登壇者>
ウイングアーク1st株式会社
営業本部 アライアンス統括部 統括部長
横尾 勇人 氏

10:05~10:35

グループ横断のデータ活用Dataringのご紹介
経営と戦略をデータでつなぐ、アカウンタビリティ向上に向けて

<講演概要>
グループ全体で基幹システムの仕組みが異なるため、個社データをグループ経営管理データとして扱うことが難しく、グループ経営管理業務の効率化の阻害要因になっているケースがあります。
ERPとその周辺を含むデータ収集・マネジメントの領域で、現状からの第一歩を有効に踏み出すアプローチとしてDataringをご紹介します。Dataringにより経営管理データの種類に応じ、収集サイクルを定義し、意思決定の短サイクル化や高度化を実現します。

<登壇者>
ウイングアーク1st株式会社
Data Empowerment事業部 DEサービス統括部 統括部長
山本 宏樹 氏

10:35~10:55

ECC6.0から準備すべきS/4HANAデータ活用術
~SAPバージョンに依存しないデータ活用術とは?~

<講演概要>
SAP ECC6.0のメインストリームサポートが2027年で終了してしまうのは周知の事実ですが、SAP BI製品はどのような状況かご存知ですか?
また、SAP S/4HANAへのコンバージョン時やバージョンアップ毎に発生するBI基盤のプログラム改修を止めたくありませんか?
本セッションでは、SAP BI製品の今後の動向とSAPデータ活用の課題を整理したうえで、今から実践すべきSAPバージョンに依存しないデータ活用術について解説します。

<登壇者>
株式会社電通国際情報サービス
エンタープライズIT事業部 グループマネージャー 稲継 正樹

10:55~11:15

SAPユーザーの「Dataring」始め方
~SAPデータと現場のデータを意思決定に役立てるPoCのご提案~

<講演概要>
いざSAPデータと現場のExcelデータを並べてみると、システム化されていない領域の業務課題や組織の課題、そして、それに伴うデータ品質の課題が新たに見えてきます。それらをルール化し意思決定に役立てる仕組みを作り上げていくためにはどのようなポイントをおさえる必要があるのか。
BusinessSPECTREとDataringの両方を深く理解したジールだから提供できるPoCの進め方についてお伝えします。

<登壇者>
株式会社ジール
ビジネスディベロップメント部 コンサルタント 栗原 和音 氏

11:15~11:30

質疑応答

お申し込み

セミナーお申込みは以下のボタンをクリックのうえ、ウイングアーク1st株式会社のWebページからご参加登録ください。
※競合製品をお取り扱いされている企業様はご参加をお断りする場合がございます。
※その他、主催者の判断で参加に相応しくない方は、参加をお断りする場合がございます。何卒ご了承ください。