SAP Sapphire Tokyo 2022

日程:2022年7月13日(水) ~15日(金)

開催趣旨

SAP Sapphire Tokyoでは、SAPが持つ多くのソリューションがどのように連携してビジネスを変革していくかを示すさまざまなセッションをご覧いただけます。
エンドツーエンドのインテリジェントなエンタープライズエクスペリエンスをぜひご体験ください。

開催概要

リアルイベント

  • 開催日:2022年7月12日(火)
  • 開催場所:グランドプリンスホテル新高輪国際館パミール
  • 対象:ユーザー企業のキーマン/部長以上、意思決定者、CxO
    *SAP営業、ダイヤモンドスポンサー様による完全招待制です
  • 参加者数:500名予定

オンラインイベント

  • 開催日:2022年7月13日(水)~7月15日(金)
  • 開催場所:オンライン/オンデマンド開催
  • 対象:ユーザー企業のIT部門/業務部門キーマン、マネージャー
  • 参加者数:1,500名予定

*プログラムの詳細は こちら からご確認ください

スポンサーセッション(オンデマンド)

皆様のビジネス上の課題を解決する様々なソリューションに関するセッションをお届けします。
6 つのテーマに沿ったコンテンツ展開をします。

  • Cloud ERP
    Corporate TransformationとDXを支えるプロセス&デジタル基盤の構築
    RISE with SAP – 継続的で発展的な新しいSAPの使い方
    SAP S/4HANA新機能のご紹介 など
  • Supply Chain Management
    新三直三現主義を実現するSAPの製造ソリューション
    物流プロセス統合とコラボレーションがもたらす物流DX など
  • Customer Experience
    創業100年を超える日本の建機メーカーでのアフターサービスプラットフォームの刷新プロジェクト紹介
    DX&CX推進「“総論”は理解、“各論”が不明」解決のヒント など
  • Human Experience Management
    継続的なビジネス変革を支えるこれからのERPと人事組織管理 など
  • Spend Management and Business Network
    JTグループにおける集中購買事例
    不確実な時代の海外出張のあり方 ~Concur Travelで実現するリスク管理とサステナビリティ~ など
  • Business Technology Platform
    企業のレジリエンス力を向上させる:プロセス自動化とNo-Codeツール
    データドリブン経営を実現させるxP&Aソリューション など

*プログラムの詳細は こちら からご確認ください

ISIDスポンサーセッション概要

  • セッションテーマ:Cloud ERP
  • タイトル:もう迷わない!SAP S/4HANAへの最適な移行方式決定のアプローチとは?
  • 概要:
    SAP ECCユーザの皆様にとって最大の関心事は、2027年に向けたSAP S/4HANA移行かと思います。
    クラウドの活用、既存アドオンやデータの取捨選択、移行時のダウンタイムなど、様々な要件から移行方式を決断できない方も多いのではないでしょうか?
    SAP認定の移行ソリューションを有し、選択データ移行により様々な要件に対応可能なISIDが、SAP S/4HANA移行に向けた最適な移行方式決定のアプローチをご説明します。
  • 講演者:
    株式会社電通国際情報サービス
    エンタープライズIT事業部 営業2部
    アソシエイトマネージャー
    竒藤 淳貴

お申し込み

以下のボタンをクリックし、SAP Sapphire Tokyo 2022専用Webページよりご登録ください。